吃音(どもり) 改善

吃音(どもり)改善トレーニングを比較する!

吃音(どもり)を改善するトレーニングとは?


あなたに合った吃音治療を探しましょう!

「吃音治療といえばコレ!」と吃音の多くの原因には目もくれずに、杓子定規に決まったトレーニングのみを行っていれば吃音は改善されません。

吃音関する専門病院を訪ねれば、検査でしっかり原因を把握するのはもちろん、個々の原因にフォーカスした治療法を行うことが可能です。

これが、世間一般に出回っている書籍やトレーニング教材の場合には、「記載された方法で必ず改善する!」というような誇張された内容が多いので、自身の吃音にそぐわないトレーニングを続けた結果、改善どころか吃音がさらに重症化してしまう場合もなきにしもあらずなのです。

先にお伝えした通り、吃音の原因というのは実に様々です。

よって、吃音が改善するまでの過程も当然ながら様々です。

ほんの少しのきっかけで改善することも多いのですが、「私の場合はコレを行ったら改善した。

きっと他の人も私と同じ方法で改善するはずだ!」と全くの見当違いをする方がちらほらいらっしゃるのが実情です。

たった1人に有効な治療法も10人に有効とは限りませんし、仮に10二人に効果があったとしても100人に効果があるとは限らないのです。

吃音治療というのは、実に難しい問題です。

つまり、型式どおりのトレーニングを実践するだけでは、何日で改善した!と断定することすら不可能なのです。

 

おすすめの吃音(どもり)改善プログラム

ネット上で定評のある3つの吃音改善教材をご紹介します。

選択した規準ですが、

    • 専門家によって書かれていること
    • 比較的、長期間に渡って販売されていること
    • 対象とする年齢層が広いこと
    • 返金保証付き、あるいは、メールによるサポート付き、あるいは、教材のボリュームが多い、という条件のうち少なくとも1つは満たしていること

です。

上記で述べたように、吃音は原因や症状が一人ひとり異なるため、これら3つのうち、どれがあなたに合うのか、あるいは、合わないのかは、責任を持って言うことができません。

しかし、「合う人には、合う」かもしれません。

改善方法がわからず困っていらっしゃる方の、何らかの活路になれば幸いです。

上位2つの教材には、返金保証がついています。

つまり、実際に方法を試してみて、効果がなければ、教材代金は返ってきます。

改善への第一歩を踏み出す意味でも、気軽に取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム
    • 最新の脳科学に基づく新しい吃音改善プログラム
    • 1日20分のある簡単なエクササイズを、6週間、ご自宅で、お一人で、空いた時間に行う内容です。
    • テキストとビデオで構成された完全なセルフワークプログラム。誰かと顔を合わせることなく、特殊な器具や機械も不要
    • 潜在意識の中に悪い形で定着してしまった“認識”をぶち壊し、それに代わる新しい認識を直接インストールすることで吃音を改善。したがって、身体的なトレーニングはまったく必要ありません。
    • 「パラダイムシフト編」と「マインドシフト編」の2大構成
    • マニュアル340ページ以上、動画セミナー197分もの大ボリューム
    • 中学生~大人向けの改善方法(ある程度の見識・理解力が必要なので小学生には不可)
    • 症状の軽重は改善の可否・スピードに関係無し
    • 3ヶ月間の無料メールサポート
    • ダウンロード版または製本された冊子配送版(製本料・配送料として別途2900円)から選択できる
    • 90日間の全額返金保証
    • 29700円

    ■サポート■価格■形式■返金保証
    3ヶ月間の無料メールサポート 29700円 ダウンロード版または
    製本された冊子配送版(別途送料必要)
    あり。90日間


    【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムの内容

      • 超短期間で“改善”という幸せを得ようと思ったら、絶対に行うべきにも関わらず、誰も気づかなかった“脳”と“手”がキーワードになる「マル秘作業」とは?
      • 医者や研究者では全く気付く事ができなかった。多くの方法を試すことで気づいた「吃音(どもり)」に対する最終結論とは?
      • あの天才学者も?!吃音者の中には“優秀な人間”が多いとされている、驚くべきその実態とは?
      • あの映画のモデルにもなり「どもり」がある意味ステータスの証になっていた、英国貴族の知られざる真相とは?
      • 知ってると知らないとでは大違い。誰もが聞いたことがない「最新版!正しい吃音の知識」について紹介
      • 私からしてみると「そのやり方ではもう古い」と言い切れる全く新しい方法と、「吃音は改善不可能だ」とされてきた3つの理由と合わせて紹介
      • “人間の潜在意識をコントロール”するだけで?!中村祥が人生の師匠直伝の、どんな人でも吃音が改善可能にするヒミツのコントロールスキルって何?
      • 大前提として吃音とは、例をあげるならどのような“状況”もしくは“場面”で起こりうる現象?
      • がっかりしないで!吃音がなかなか改善されない原因はあなたの脳内に「吃音センサー」が搭載されているからかもしれない
      • 厄介な吃音(どもり)が、実はあなたにとって“協力者”だとしたら!?
      • これだけはヤメて!「本読み練習×努力=吃音奴隷」になってしまう恐ろしい法則
      • あなたのことを吃音者にさせてしまった、「3つの要素」って何?
      • 「吃音は吃音と診断されたときにはじまる」この内容に隠された意味とは?
      • 吃音者と非吃音者を区別するうえで、たった一つの違いを知っていますか?
      • 絶世の美女に名を連ね、富と名声を手中に収めた「マリリン・モンロー」でも、“ささやかな幸せ”だけは手に入れる事が難しかった。吃音とその理由に関する深い関係性とは?
      • 吃音の真の正体を知るには、“認識のメカニズム”を知る必要があります。その正体とは?
      • 吃音を改善すると、意外にもあなたが得られるモノがあるのをご存知ですか?
      • 吃音の究極の改善方法というと、実は「忘れてしまうこと」が一番ではありますが…
      • 「自分自身が吃音だろうがかまわない」と、心底思えるようになってしまう“感情書き換えエクササイズ”の方法とは?
      • “感情コントロール法”を身に付けることで、会話をする際に緊張や動揺しても、すぐさま冷静さを取り戻し、人前でしゃべる事に恐怖がなくなるって本当?
      • 吃音による過去の苦い記憶や経験までも書き換えてしまう、脳の仕組みの穴をついた“人口記憶刷り込み法”って何?
      • 思わず吐き気がするような苦い体験の記憶を、たった5分で忘れ去り、楽しい体験の記憶に書き換える方法とは?
      • 1週間で身につけることが可能!パワーエクササイズを試せば、吃音によるトラウマにも今後動揺する事はなくなり、あなたに“最高の自信”を授けてくれるかも?!
      • 自分の脳を信じて!あなたの奥深くにある潜在能力を”120%開花”させるために必要な“脳の騙し方”とは?
      • あなたの脳に仕組まれた吃音センサーを、潜在意識をコントロールすることでさっぱり取り除くことが出来る方法
      • 「成功脳」をあなたの脳に取り込んで、短期間で人生の勝ち組まで駆け上る究極のエクササイズとは?

    37のトレーニングで吃音(どもり)を徹底治療

    37のトレーニングで吃音(どもり)を徹底治療
      • 1929年以来吃音治療の研究を行っている白萩学園の元院長上西創造氏によるプログラム
      • 上西氏は、吃音に関する著書、学会論文等が多数ある本物の専門家です
      • 精神的な原因、発語・発音方法の原因、呼吸の仕方に原因など、一人ひとり異なる吃音の原因に合うトレーニングを大量に用意されています
      • 自分の吃音の原因を突き止めることができる
      • 電話でどもってしまう場合の対処法
      • ここ一番で吃音を抑えたい時の対処法
      • 吃音が出て焦ってしまった時の緊急対処法
      • 気分が落ち込んでいる時の対処法
      • 不安を抑える方法
      • 子供、大人、どちらの吃音にも対応
      • 緊張や予期不安で吃音が出てしまう方のために、同じ会社が現在も有料で発売している「あがり症改善教材」を特典として無料提供
      • ダウンロード版または製本された冊子配送版(製本料・配送料として別途1000円)から選択できる
      • 180日間の全額返金保証
      • 12800円

      ■サポート■価格■形式■返金保証
      なし 12800円 ダウンロード版または製本された冊子配送版(別途送料必要) あり。180日間

      早坂式吃音(どもり)改善術

      早坂式吃音(どもり)改善術
        • 海外で吃音を研究した教育学博士・言語聴覚士であり、日本で唯一の吃音専門クリニックを開設した早坂菊子氏によるプログラム
        • 「流暢に話すのではなく、流暢にどもる」「吃音を隠そうとせずコミュニケーション自体を重視」など、吃音に対する発想の転換を与えてくれる改善法
        • 幼少期、学童期、大人、それぞれの年代に合った豊富な内容
        • DVDの収録時間6時間以上
        • 19800円

        ■サポート■価格■形式■返金保証
        なし 19800円 DVD配送版のみ なし


        早坂式吃音(どもり)改善術の内容

          大人編
          • 幼児期や学童期の子供とは改善法が異なる、大人の吃音のある特徴とは?
          • どもってもいい?流暢にどもることの重要性をご存知ですか?
          • 理想とされる吃音(どもり)の状態って?あなたがこれから目指すべき理想の吃音とは?
          • 意識してどもることが重要!?最初の言葉が詰まりがちな症状を改善するために行って欲しいある会話法とは?
          • 話そうとしても言葉が出てこなくて困る。苦しい長い沈黙の後に、あっという間に言葉が飛び出すようになる方法とは?・吃音を改善するのに最適な方法とは?
          • 急な電話対応やたくさんの人前でのスピーチなど、緊急事態を難なく乗り切るために、古くから日本にある呼吸法を利用して吃音を治す方法とは?
          • 「流暢にどもるための発声法」の紹介電話を実施すると、言葉が詰まりがちになり流暢にどもれない。早坂先生がいらっしゃるクリニックで実践されている方法でお困りのあなた。そんなお悩みの症状を軽減るためのある方法とは?
          • 吃音者本人が出演する早坂先生のクリニックの電話レッスン風景を、完全再現します。
          • 吃音と○○が関係している?実は吃音と緊張はお互いに深く関係しているのですが、不要な緊張をほぐすための5つのステップを紹介します
          幼少期編
          • 幼少期の吃音の原因について、親として知っておかなければ困る2つの特徴とは?
          • あなたのお子様は本当に吃音なのでしょうか?もしかすると言語発達に問題があるのかもしれません。吃音と言語発達の2つを見極める方法とは?
          • 幼少期のおける吃音の正しい治療法とは一体?
          • お子様が吃音でも、親御さんと最適なコミュニケーションをとっていくうえで、親であるあなた自身がまず行うべきこととは?
          • 吃音であるお子様とあなたとのコミュニケーションがチグハグにならないために、あなたがお子様に対して意識すべきポイントとは?
          • たくさんお金をかけずとも、お子様の吃音を改善へ導くための“ある遊び”をご紹介しましょう。とくに、吃音のお子様が保育園や幼稚園に行くのを拒んだとき、親としてあなたが取るべきある行動とは?
          • 吃音の子供にとって居心地がよく快適な家庭を作るための、プレイセラピーで得られる3つのこととは?
          • 友達を作って、吃音のお子様でも周りの人達と上手に付き合っていくためのテクニックとは?
          • 現在、国内でも吃音治療として再認識されている、オーストラリア・シドニーが発祥の「幼児吃音治療法」の内容とは?
          • 吃音の子供を育てる親御さんが、子供にやっては絶対NGな行動とは?
          • 吃音を理解できない周囲の冷たい視線から、可愛いお子様を守り抜くための、親が必ず持つべである心構えとは?・気をつけるのは親と子どもだけの問題だけでなく、夫婦間でお互いに気をつけなければいけないこととは?
          • 自分自身が幼少期のころの友だちとの関わり方の他にも、友達作りにおいて大切なコツや体験談を、出演して頂いている吃音者の方々にお話ししてもらいました。
          • 吃音者であるみなさんに、自身が幼いころに両親対してやって欲しかったことを、お一人ずつ語っていただきました。
          学童期編
          • 学童期に入ると、幼少期のころとはまた違ってこれまでには見られなかった「2種類の吃音」の特徴が出るようになります
          • これまで「吃音と呼吸法は関係がある」という前提でお話してきましたが、子供に”完璧な呼吸法”を習得させるのは至難の業です。子供に呼吸法を覚えてもらう為のポイントとは?
          • 話したくても、声が詰まってなかなか発語できない症状を緩和する、ある発声法とは?
          • 吃音者特有の話し方を脳が「そういうものだ」と意識づけないために、今から実践しておくべき話し方とは?
          • 相手とのコミュニケーションの主導を取りながらも、常にリラックスして話すために必要な意識の持ち方とは?・「どもっているなんて恥ずかしいし、最低だ」というあなたの思い込みを無くすための、とっておきの方法とは?
          • 流暢にどもるのに必要不可欠な、「苦しいどもり」と「楽などもり」のこの2つの大きな違いとは?
          • アメリカでも実践済みの、学童期における吃音改善に役立てられている、あるゲームとは?
          • 吃音による会話へのコンプレックスを強化しないための、子供でも行える意識の持ち方とは?
          • いまだ多くの吃音者が悩んでいる、吃音改善の最大の妨げになっているともいえる「思考パターン」とは?
          • 子供自身が感じている会話への弱みを「強み」として自信をつけてあげる、あるトレーニングとは?
          • 学童期において友達を作るためのテクニックを、吃音経験者の方々に語ってもらいました。
          • 吃音を完璧に改善した人オススメ!学校の授業で音読や本読みを指示された際に難なく乗り切るための秘策とは?
          • 高校受験における先生方との面接を突破するために、吃音者の方々はどのような方法で当日に臨んだのでしょうか?

        吃音改善の方法あれこれ

        現在の医学で「吃音」の治療について行われているプログラムの中から、今日は3点ほどご紹介します。

        1つ目は「発語気管トレーニング」といって、発語に関わる腹式呼吸法を覚えるためのトレーニングや、横隔膜の動きを矯正するために必要なトレーニングとして、特別や器具や機械を用いることもあります。

        また、マウスピースを使用して口の動きや形の矯正を行うトレーニング法もあります。

        内容からも分かるように、1つ目のトレーニング法では「身体の発語気管を鍛えること」を主に行います。

        その為、「吃音の主な原因は身体的理由から」という考えが根底にあります。

        しかしながら、現在に至るまで150人以上の吃音に悩む方々と接してきましたが、トレーニングを行っても残念ながら改善したと言える人はほとんどいませんでした。

        そういう私自身も、過去にこのようなトレーニングを一通り実践してみましたが、「改善した」といえるようなものはなかったのです。

        さらに追い打ちをかけるように「トレーニングを継続すればするほどに、今まで問題なかった言葉までどもりだして先行きが不安になりトレーニングを中止した」という声が多くの人から寄せられました。

        この件については、もう少し後で詳細をお伝えしますが、分かったこととして「トレーニングで吃音を改善しようと思うことが、そもそも見当違いであり誤った考え方である」というコトです。

        言うならば、トレーニングによって吃音をさらに悪化させているという真実に、大半の人が目を背けている状態です。

        2つ目として、「SSRI」という薬の存在です。

        近年、治療薬として知られるようになった薬ですが、服用すると脳の興奮及び緊張が緩和されるので普段に比べどもらずに話すことが可能になる上に、さらには男性の早漏防止としても一役買っており、まさに優れた薬という印象を与えます。

        私も試しに服薬したことがありますが、実はこの薬「優れた面」だけではありません。

        元々が精神病に関する症状(うつ病・パニック障害・強迫性障害)などを抑制する薬なので、病院で処方が可能です。

        インターネットで検索すれば、1箱で5000円~10000円程度で購入も可能です。

        「そんなに手軽に試せるなら、購入してみようかな・・・?」と考えたあなた!少し落ち着いてください。

        確かに、何十万円もする薬ではないので気軽に試しやすいかもしれません。

        しかし、これは「薬」です。

        副作用に関してもまだ知られていない症状があるかもしれないし、現在報告されている症状だけでも「吐き気・嘔吐・下痢・食欲減退」などがあります。

        どうしても症状を抑えたくても薬を服薬しても「こんなことも乗り越えられずに薬の力を借りてしまった・・」と自己否定感に苛まれます。

        さらに進行すると、薬なしの生活に戻れなくなる可能性も十分あるのです。

        3つ目は「セラピーや催眠療法」による治療です。

        吃音を改善するのに心理セラピストや催眠療法士といった専門的なカウンセリングの力を借りることによって、症状の改善に役立てようという話です。

        この方法は誤っていないと言えます。

        なぜなら、この療法で症状が改善された人がわずかばかりいるからです。

        ただし、この治療には多くの問題があります。

        特に、カウンセリングを受けるのは面倒くさいという人もたくさんいます。

        さらに、1回のカウンセリングで症状が改善できることは不可能です。

        症状が改善するには、何度もカウンセリングを受ける必要が出てきます。

        カウンセリングというのは対面指導ということで、費用も通常の病院よりは高額になりがちなのも問題視される原因です。

        最も問題視されるべきなのは、「カウンセリングを行う大半の指導者が吃音について改善経験者ではない」という点です。

        非吃音者である指導者には理解に苦しむ”吃音特有の性質”に加えてそのことに対する苦しみを味わったことがない人には、残念ながら改善指導を行うのは不可能なのです。

        吃音者は人口の1%、100人に1人はいるとされていますが奇跡的に改善できた人による「的確な指導」を受けられる確率と照らし合わせると、現実的ではないという事に気づくでしょう。